パラシュート反射 / 育児用語辞典


パラシュート反射

パラシュート反射(ぱらしゅーとはんしゃ)とは、生後9ヶ月前後から見られる赤ちゃんの反応の一つで、赤ちゃんの体を水平に持って上体を急に傾けると腕を前に出して体を守ろうとする反射行動のことです。

このパラシュート反射ができるようになると「つかまり立ち」がもうすぐできるようになるサインのことです。パラシュート反射ができないと、転んだときに反射的に手で体を守るということができないので、非常に重要な反射の一つであるといわれています。

母乳の泉 赤ちゃんニッコリブレンド

 

 

育児・子育てWebSite